Tweets by saitoseikotsuin

新着情報

自律神経からくる症状とは?

〈自律神経とは〉

私たちは、無意識のうちに呼吸をしたり、体温を調整したり、食べ物を消化したりしています。私たちが動かそうとしなくても体を維持するために必要な器官に指令を送っているのが「自律神経」です。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経は心拍数を上げたり、抹消の血管を収縮させるなど運動時や興奮時に活発になります。反対に副交感神経は、体を休める時やリラックスしている時に活発になります。

〈自律神経が乱れるとはどういうこと?〉

交感神経と副交感神経は、どちらかが活発になりすぎるとバランスが崩れる事があります。乱れる方の中では交感神経が優位になりすぎる場合が多く、「体が疲れているのに眠れない」などの症状に繋がってきます。原因としては、不規則な生活や長時間労働、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

〈自律神経の乱れによる症状とは?〉

自律神経の症状としては、不眠、頭痛、めまい、手足のしびれ、痛み、肩こり、消化不良、動悸、過呼吸、胃痛など様々な症状が現れます。自律神経が原因だとしてもなかなかご自身では自覚しづらいと思います。生活習慣やストレスのケアに日頃から気を付ける事が重要です。

〈自宅でできるケア〉

◎規則的な生活を心がける。

夜更かしや睡眠不足になりますと交感神経が優位になる時間が多くなり、自律神経の乱れに繋がります。規則正しい生活を心がけ、なるべく夜には体を休めるよう心がけましょう。

◎リラックスする時間を設ける。

好きな音楽鑑賞や半身浴などリラックスできる時間は副交感神経を優位にさせます。ご自身に合った方法でリラックスする時間を持ちましょう。

〈自律神経による症状でお困りの方へ〉

さいとう整骨院では、自律神経の治療も行っております。BFIという全身の関節へ極微弱の刺激を介して脳に働きかけることで痛みをはじめとする様々な障害を改善させようとする施術です。心身への負担なく、優れた除痛効果があり、同時に骨格の自然矯正ならびに自律神経やメンタルバランスの回復も期待できる画期的な療法です。また、自律神経を整える効果の高い電気治療も行っております。

 

症状別>自律神経・睡眠障害  のページ  にも原因や改善方法に関する情報を掲載しております。ぜひそちらもご覧ください。

PAGE TOP